雑居同然のコロケーション時代にも終止符。

専用サーバーの傾向

新着おすすめ記事

雑居同然のコロケーション時代にも終止符。

通常専用サーバーというと、サーバーを提供してくれるサービス会社(ホスティング会社)が管理やメンテナンス、リューションまでを面倒みてくれますが、専用サーバーの中にもいくつか受けるサービス形態の種類があって、契約者である顧客が自分で管理・マネージメントする専用サーバーのことは「セルフマネージドサーバー」といいます。

これに対してサービス提供会社が管理を代行してくれる専用サーバーのことは、「マネージドサーバー」と呼ばれ区別されています。

これは専用サーバーをもつことの大きなメリットの1つでもありますが、専用サーバーは、ふつうデータセンター内に設置されていることが多く、災害時のライフラインの寸断などに対応しているほか、高度な耐震性能を備えたビルのフロアにあります。

いわゆる防火・防災レベルに関しては万全な基盤があり、最低限、非常電源設備、冷暖房空調設備などは備えています。

さらにサイバー攻撃に対する鉄壁性を売りにするサービス会社もあります。

サーバー攻撃に対するディフェンスは、サービス会社自体がバックヤードとしてもっている場合もあれば、複数の専門会社にアウトソーシングしている場合もあります。

一時期は異なる通信業者の機器が同居する「局内通信事業者のデータサーバー」を借りるというコロケーションスタイルもありましたが、専用サーバーは“コロケーション状態”とは違って、サーバーの所有権がサービス提供会社にあり、間借り同然のコロケーションと比較すると、信頼性という意味で専用サーバーのほうが圧倒的に人気があり需要があります。